読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古屋でたーこ

プレシュスタジオ写真

アトピー性皮ふ炎をお薬の力だけで良くしようとするのには幾分無理があります。生活習慣や楽しめる趣味など暮らし全体のモットーまで共有した問診が重要です。

内臓矯正というものは周囲の筋肉や骨格が要因で位置が不安定にあってしまった内臓を元来あったであろう所にもどして臓器の働きを活性させるという治療なのです。

20代、30代に出る難治性の“大人ニキビ”が徐々に増えている。10年という長い間このような大人ニキビに四苦八苦している人達が当院に来ている。

肌の弾力を司るコラーゲンは、有害な紫外線をもろに浴びてしまったり様々な刺激を受けてしまったり、心身のストレスが澱のように積もったりすることで、潰され、行く行くは作ることが困難になっていくのです。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような反応と繋がりがあるものの中でことさら皮膚の持続的な炎症(掻痒感など)を認めるものであり要するに過敏症の仲間だ。



紫外線によってできてしまったシミを目立たなくさせようとするよりも、シミが作られないように防いだり、お肌の奥に隠れている表出していないシミを予防する方が大事だということをご理解いただけましたでしょうか。

昼間なのに、いつもはあまり浮腫まない顔や手に酷いむくみが見られた、しっかり睡眠をとっても下半身のむくみが取れない、などの場合は疾患が潜伏している恐れがあるのでかかりつけ医による処置を早く受けることが重要です。

下まぶたに弛みができると、誰でも年齢よりだいぶ年上に見えることでしょう。フェイスラインのたるみは色々ありますが、殊更目の下は目につくところです。

皮膚の奥で生まれる細胞はじわじわと表面へ移動し、行く行くは肌表面の角質層となって、約4週間後に自然に剥がれ落ちます。この仕組みこそがターンオーバーの正体です。

普段から習慣的に爪の状況に配慮すれば、微々たるネイルの変化や体の異変に配慮し、より適切なネイルケアを発見することが可能なのだ。



深夜残業、飲み会、見逃せない深夜のスポーツ中継・次の日のお弁当や朝食の下準備…。お肌に悪いというのを分かっていても、実のところ8時間もの睡眠を取れない方がほとんどだと思われます。

掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の要因として、1.腸内や表皮、肺、口腔内等による細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的な因子、3.栄養面での素因、4.生活環境、5.前述した以外の考え方が主流だ。

デトックス法というのは、特別な健康食品の飲用及び岩盤浴などで、そういった体内にある有害な物をできるだけ体の外へ排出しようとする技術の事を指しているのだ。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリンヒアルロン酸(hyaluronic acid)を混ぜている美肌水は保湿力が高いためお肌に優しく、ドライスキンの人に効果的です。防腐剤や芳香剤などを加えていないため、肌の敏感な方でも使えます。

メイクアップの欠点:肌への刺激。毎朝の化粧が面倒くさくてたまらない。メイク用品代がやたらとかかる。物理的刺激で肌が荒れる。何度もお化粧直しやフルメイクをするので時間がもったいないこと。