読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カネタタキが綿引

特に就寝前の歯のお手入れは大事。“蓄積くすみ”を取るため、寝る前は丁寧に歯みがきをしましょう。歯磨きは回数が多ければ良いわけではなく、都度都度の質を向上することが大切です。

医学界全般がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life)を大切に捉える風潮にあり、物づくりに代表される市場経済の完成と医療市場の急速な巨大化により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は少し前から一気に注目されはじめた医療分野だと言われている。

下まぶたに大きなたるみが出た場合、全ての人が実年齢より4~5歳上に映ってしまいます。皮膚のたるみは数あれど、その中でも殊更目の下は目立つ部分です。

美容外科というのは、正しくは外科学の一分野で、医療がメインの形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは別のものだ。更に、整形外科学と混同されることがよくあるが全然異なる分野のものである。

ホワイトニングというのは、黒色色素の沈着が少ない、更に白い肌を求める美容分野の価値観、及びそのような状態の皮膚のことを指している。主に顔面のお肌について用いられることが多い。



美容外科(Plastic Surgery)は、人間の身体の機能上の欠損や変形の修正よりも、専ら美意識に基づいてヒトの身体の外見の向上を重視するという医学の一つで、自立した標榜科のひとつである。

内臓が元気かどうかを数値で測ることのできる専門の機械があります。『ノイロメーター』という名前の医療機器で、人間の自律神経の様子を数値化して、内臓の健康状態を確認しようという内容のものです。

通常は慢性に移行するが、最適な処置により病が一定の状態にあれば、自然に治ってしまうことが見込める病気である。

美容とは、化粧や整髪、服飾などを利用して容姿や容貌をより一層美しく装うために形作ることをいう。古く江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味の言葉として使用されていた。

最近新たに脚光を浴びている頭皮ケアは通称スカルプケア(scalp care)とも称されています。スカルプは毛髪の悩みの代表である抜け毛や薄毛に密に関わると供に、フェイスラインの崩れや弛みなどにも影響を及ぼしています。



メイクアップではアザなどを隠すことに主眼を置いているわけではなく、リハビリメイクを介して結果的には患者さん自身が自分の容姿を受容して、復職など社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOL(生活の質)を上げることが理想です。

オリゴ トクホ
昼間なのに、いつもはそんなにむくまない顔や手がパンパンにむくんだ、しっかり眠っているのに下肢のむくみが取れない、などは何か病気が隠れているかもしれないので内科医の迅速な診療が必要になります。

ネイルのケアとは爪をより一層健康的な状態に維持しておくことを目的にしている為、ネイルの異変を調べる事はネイルケアテクニックの向上に役立ち理に適っているといえるだろう。

ドライスキンというものは、お肌に含まれる角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が水準値よりも減退することで、肌にある水分が失われ、肌の表皮がパリパリに乾く症状を示しています。

湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の要因として、1.腸内・皮膚・肺・口腔内等の細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的な原因、3.栄養面での問題、4.環境面での因子、5.これ以外の見方が挙げられる。